携帯電話の普及で、固定電話の回線数がひっています。

電話の回線は固定から無線に主流が移ってきました。しかし、携帯キャリアでは新規顧客をめぐり競争が激化しています。

携帯電話の普及で、固定電話の回線数がひっています。

携帯電話の普及で固定から無線回線が重視される時代に

むかしは、電話の固定回線が各家庭にあるのが普通でした。しかし、ここ数年で、スマートフォンなどの無線通信を行う人が増えたために、自宅の固定回線を解約する人も多くいるようです。今はスマートフォンだけがあれば、問題がない時代へと変化してきています。しかし、スマートフォンの普及が加速したことで、無線通信量が飛躍的に増えて、いつ通信障害が発生してもおかしくなくなっている状態があります。そんな中で、通信キャリアでは、通信設備を増強させて対策をとってきています。さらに去年からは、次世代高速通信を本格的にスタートさせています。次世代高速通信によって、スマートフォンなどのモバイル機器の使い勝手は、今までもにも増して良くなってきています。

無線通信を提供する携帯キャリアでは、企業間の競争も激しくなってきています。大手の3社の中で、1社だけはプラチナバンドと呼ばれる周波数帯を獲得ができていない状況がありましたが、去年の7月にプラチナバンドの許認可が認められて、運用を開始しています。その結果、最近の調査では、最後にプラチナバンドを獲得した携帯キャリアが、一番、繋がりやすくなったという結果が出ているようです。そのため、携帯キャリア間の勢力図は今後、大きく変わっていく可能性が出ています。現在、携帯キャリアでは、学生の顧客の獲得をめぐって、激しいキャンペーンが行われています。新規に申し込みを行った学生には、3年間基本料無料などの措置が取られています。携帯キャリアによっては、テレビをおまけにつけて、差別化を図っているところも出ています。

Copyright (C)2017携帯電話の普及で、固定電話の回線数がひっています。.All rights reserved.