携帯電話の普及で、固定電話の回線数がひっています。

電話をしていて、途中で回線が悪くなった場合、声が聴き取れなくなる。それは非常に困ることで、苛々ものだ。

携帯電話の普及で、固定電話の回線数がひっています。

回線が悪い電話なんていらない。

回線が悪い電話は非常に困る。普通の会話での電話は少々回線が悪く相手の声が聴き辛いとき、気兼ねなくもう一度言ってくれと言えるが、仕事や見知らぬ相手と電話をするときは気軽にもう一度言ってくれとは言えない。特に、名前や注文内容、内容の長い話などをもう一度言ってくれと言いにくい。さらに回線が悪いときはもう一度言ってもらっても、すぐに回線が良くなるわけではなく、結局良く聴こえない。何度も何度も聴くと、当然相手の機嫌も悪くなる。それは声色で大体分かってくるわけで、しかし内容が聴き取れないので聴きなおさなければならない。もうよいと言われてしまえばそれまでだが、なかなかそういう訳にはいかない。

また、会話の途中で急に回線が悪くなり聴き取り辛くなった場合、電話が切れてしまえばもう一度電話をやり直せるが、回線が悪くなったまま微妙に電話がつながっている場合、無言の通話が続いているのでやはり困る。片方の声は聴こえているが、もう片方の声がまったく聴こえない場合はもっと悪い。もしもし、もしもし、と言い続けても相手には聴こえているわけで、まったく会話が成立しない。回線が悪く最初から電話がつながらないのは仕方のないことだが、電話の途中で地下にもぐったときなど、急に回線が悪くなると、非常に困る。電波や機械の問題なので仕方のないことだが、電話では相手の声が聴こえなくなってはまったく意味のないものになってしまうので、是非とも回線が悪くならないようにしていただきたい。

Copyright (C)2017携帯電話の普及で、固定電話の回線数がひっています。.All rights reserved.